WiFiルーターの設定に失敗する場合は

フォローする

ルーターのネットワーク名を選択、設定すると、
図のように無線LAN設定ステータスが移り変わっていきます。



ネットワークの設定に失敗してしまう場合は、移り変わるステータスの中の、どの段階でエラーになってしまったかをご確認いただく事で、原因特定の参考にする事ができます。

1."無線LANに接続中"でエラーとなる場合。

1.
ルーターが正常に稼働しているか、ご確認ください。

2.
ルーター上でMACアドレス制限(MACアドレスフィルタリング)により遮断されていないかご確認ください。

MACアドレス制限が設定されている場合、Eye-FiカードのMACアドレスをご利用の無線LANルーターで許可して下さい。MACアドレスの確認方法はこちらです。

3.
ステルスモード(SSIDを見えなくする設定)は、サポート対象外です。

4.
スマートフォン端末のテザリングによるアクセスポイント機能での動作はサポート対象外です。各スマートフォンのメーカーにお問い合せください。



2."ネットワークパスワードを認証中"でエラーとなる場合。

1.
パスワードが間違っているためと考えられます。パスワードを確認して下さい。

※パスワードをコピー&貼り付けでのご入力ですと、スペース(空白の文字列)まで入力されてしまい、正しくないパスワードになってしまう場合かありますので確認をお願いいたします。

2.
Baffalo社製ルーターのAOSSなど、ルーターメーカー独自のネットワーク・セキュリティ方式をご利用の場合、Eye-Fiカード内部の小さな無線LAN機器では、ルーターメーカーそれぞれの独自の仕様に対応することができず、設定できない場合があります。

AOSSでネットワーク接続をされたお客様で、正しいパスワードを入れてもエラーとなるお客様は、ルーター設定画面で、AOSS機能を無効にしていただき、ネットワーク暗号化方式をTKIPなどにご変更いただく事で、改善される場合がございます。

方法詳細はEye-Fiではご案内しておりませんので、Baffalo様へお問い合わせください。

 

3."ネットワークアドレスを取得中"でエラーとなる場合。

DHCPサーバから、IPアドレスを取得できていません。

Eye-Fiカードは固定IPアドレスには対応しておりません。
無線LANルーターのIPアドレス取得設定を自動取得に設定してください。 

設定方法は、お使いの無線LANルーターのヘルプや、メーカー様へお問い合わせ下さい。

 

4."Eye-Fiサーバへ接続中"でエラーとなる場合。
 

1.
ご利用のインターネット環境が職場や、学校のネットワーク環境の場合
プロキシサーバが設定されている為に、Eye-Fiサーバへの接続が許可されていない状態であると考えられます。基本的には”eye.fi”ドメインへのアクセスを許可していただく事でご利用可能です。

2.
インターネットへの接続がされているかご確認ください。

3.
Eye-Fiカードをパソコンに接続しなおして、再度設定をお試しください。

 


また、ご利用環境が、Eye-Fiカードの仕様必要動作環境に合っているかどうかも併せてご確認ください。

※ルーターやネットワーク機器の設定に関するの情報が不足している場合、弊社にてサポートを承れない場合がございます。設定値の確認方法に関しては、各機器のメーカーにお問い合せください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk