ファイル転送モードを管理する

フォローする

転送モードパネルを使用すると、Eyefiカードが写真や動画をアップロードする方法を選択できます。所有しているEyefiカードの種類によって、2つまたは3つのタブが表示されます。選択転送サーバー経由の転送エンドレスモード(X2カードのみで利用可能)。

転送モードパネルで選択転送またはエンドレスモードを変更するには、EyefiカードをEyefi Helperを起動しているコンピューターに差し込む必要があります。これは、転送モード設定がプライベートパーティションの中にあるEyefiカードに保存されているためです。サーバー経由の転送は、Eyefiカードをコンピューターに挿入する必要はありません。

選択転送

選択転送には3つのオプションがあります。

自動

自動は、すべてのEyefiカードの登録時に設定される初期設定のオプションです。このオプションでは、Eyefiカードのすべての写真と動画は指定された送信先に自動的にアップロードされます。

選択共有

選択共有モードでは、すべての写真と動画はコンピューターの送信先にアップロードされます。プロテクトキー(ロックキーともいいます)を使用して選択した、カメラにある写真と動画だけが指定したオンライン共有サイトに自動的にアップロードされます。お使いのカメラのメーカーやモデルのプロテクトまたはロックの手順に関しては、カメラの取扱説明書を参照してください。

選択転送

選択転送モードでは、プロテクトまたはロックされた写真と動画だけが指定された画像送信先に自動的に転送されます。プロテクトされていない写真や動画は自動的にアップロードされず、Eyefiカードに残ります。転送する写真や動画を指定するには、プロテクトキー(ロックキーともいいます)を使用してファイルをプロテクトする必要があります。お使いのカメラのメーカーやモデルのプロテクトまたはロックの手順に関しては、カメラの取扱説明書を参照してください。

注記:選択転送または選択共有を使用している場合、プライベートフォルダ内にあるファイルは転送されません。

サーバー経由の転送

写真や動画をオンライン共有サイトにアップロードしている場合、サーバー経由の転送は初期設定で有効になっています。写真や動画をコンピューターの送信先にのみアップロードしている場合、サーバー経由の転送オプションによって、コンピューターの電源が入っていない時でもファイルを自動的に転送することができます。写真や動画は、Eyefiカードに設定された無線ネットワークを経由してEyefiサーバーに自動的に転送されます。コンピューターの電源がオンになり、Eyefiソフトウェアが起動している時に、EyefiソフトウェアはEyefiサーバーに接続して、予約された画像をダウンロードします。

エンドレスモード

転送モードカード設定パネルのエンドレスモードタブから、Eyefi Pro X2カードのエンドレスモードを有効にすることができます。Pro X2カードのこの機能を有効にすると、Pro X2カードがすでに無事に転送された画像の削除を開始するメモリ容量を選択できます。Eyefiカードが、設定したパーセンテージまでいっぱいになると、エンドレスモードは無事に転送が完了した写真と動画だけを削除します。

注記:選択転送を使用している場合、プロテクトまたはロックされ、Eyefiカードが後で転送し写真だけが削除されます。まだ転送されていない写真はカードに残ります。プライベートフォルダにあるファイルはエンドレスモードでは削除されません。エンドレスモードは、Eyefiカードの電源を切ってすぐに入れなおした時に、写真と動画だけを削除します。また、削除する画像の量に応じて電源のオン・オフを数回繰り返す必要がある場合があります。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk