ダイレクトモードがうまくできない場合の確認点

フォローする

お持ちのスマートフォン、タブレットに写真が送信できずお困りのお客様は、以下7つのポイントを順番にご確認ください。
原因として多く報告されているものです。


 - 【1】新たに写真は撮影していますか?

Eye-Fiカードは一度送った写真は転送先機器が変わった場合でも再度送ることはできません。また、撮影により新しい画像が保存されないと、WiFi機能をスタートしません。

 - 【2】Eye-Fi連動カメラの場合、カメラのEye-Fi送信機能がオフになっていませんか?

各メーカー様より、Eye-Fi連動機能を搭載していただいているカメラがあります。その場合、カメラでEye-Fiの送信機能がオンになっていないと写真が送れません。カメラの互換性表をご確認いただき、連動カメラであった場合は、カメラの説明書をご参照ください。

 

 - 【3】カメラのオートパワーオフなどで、カメラの電源が落ちたり、スリープ状態になっていませんか?

Eye-FiカードはカメラのSDカードスロットへの電源供給により稼働します。カメラのオートパワーオフなどが短くなってる場合は、長くしてみてください。

 

 - 【4】スマートフォン、タブレットのWiFiネットワーク一覧には、Eye-Fiカードのネットワークはありますか?

スマートフォン、タブレットのWiFi機能を利用して写真を送ります。WiFiネットワークにEye-Fiカードのネットワークが存在するかどうかが大きなポイントになります。

 - 【5】カードにWiFiルーターのネットワークが設定されていませんか?

Eye-Fiカードは、周囲にカードが記憶しているWiFiルーターが存在すると、WiFiネットワーク一覧に、ネットワークを表示できません。パソコンのEye-Fi Centerで、WiFiルーターの設定を削除してください。

 

 - 【6】選択転送機能が設定されていませんか?

Eye-Fi CenterからEye-Fiカードに選択転送機能を設定している場合、カメラの機能にて、転送を希望する写真にプロテクト(画像保護)をかけないと、写真は一切送れません。いったん、選択転送機能をオフにして、まずは写真が送れるかどうか、ご確認ください。

 - 【7】スマートフォン、タブレットは転送先として設定されていますか?

機種変更や修理、その他の理由で再設定をしている場合、画像の受信をオンする必要があります。Eye-Fiアプリの設定画面、「Eye-Fiカード設定」から、お持ちの端末が転送先機器になっているか、ご確認ください。


ここまでご確認いただきましたら、念のため、写真と1、2秒程度の動画も撮影し、転送をお試しください。 

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk