iOSでは位置情報を許可する必要があります。

フォローする

Eye-FiアプリをiOS端末で利用するためには、iOSの位置情報サービスという設定において、Eye-Fiアプリが許可されている必要があります。
Eye-Fiアプリはカメラロールと同期を取る仕様のアプリとなっていますが、iOSの使用上、カメラロールにアクセスするアプリでは、この設定が必要となっています。

位置情報サービス有効にする

Eyefiアプリを最初に起動すると「アセットライブラリへのアクセス許可がありません」という通知が表示されます。

以下の手順に従って、Eyefiアプリにアセットライブラリへのアクセスを許可します。

  1. ホーム画面の設定 アイコンをタップします。
  2. プライバシーをタップします。
  3. 写真をタップします。
  4. Eyefiまで下にスクロールし、スライダーをタップしてオンに切り替えます。
Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk