パソコンにアップロードするようにiPhoneまたはiPadを設定する

フォローする

。iPhoneまたはiPadでこの機能を使用するには、以下が必要になります。

  • Eyefiカード
  • iOS 5.1以降のiPhoneまたはiPad
  • インターネット接続

注記:すでにEyefiアプリにサインイン済みの場合は、ステップ7に進んでください。

- iOS端末のご操作

  1. Eye-Fiのアプリを起動して、ログインされていなければ、ログインしてください。ログイン後、画面右上、歯車マークの設定アイコンをタップしてください
  2. アップロード設定をタップします。 
  3. コンピューターにアップロードの横にあるオフをタップして、その機能をオンにします。この時に他のアップロード設定をオンにすることもできます。

これでiPhoneまたはiPadは、コンピューターに写真をアップロードします。

 - パソコンでのご操作

 

  1. Eyefi Centerを起動します。
  2. 端末リストにあるiPhoneまたはiPadを選択して設定アイコンをクリックします。
  3. 写真タブをクリックします。
  4. コンピューターサブタブをクリックします。
  5. このコンピューターにアップロードボックスにチェックマークを入れます。
  6. 管理で、写真を保存するフォルダ送信先を選択します。

    注記:Appleユーザーはドロップダウンメニューを使用して、写真の送信先としてiPhotoを選択できます。
  7. サブフォルダオプションおよびサブフォルダ日付オプションのラジオボタンにより、サブフォルダの名前を複数のオプションから選択することもできます。
  8. 保存ボタンをクリックします。
  9. iPhoneまたはiPadから画像をオンライン共有サイトに自動的に送信したい場合は、共有サイトの追加をご覧ください。

iPhoneまたはiPadから動画もコンピューターに送信したい場合は、動画タブを選択してステップ4-9を繰り返してください。

 

※1 オンライン共有サイトについては、連携の終了しているサイトがあります。詳しくはこちら。
※2 Mac OS 10.10 Yosemiteの写真アプリの転送には対応していません。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk