iPhoneまたはiPadのEye-Fiアプリをダウンロード

フォローする

※現在、AppStoreでEye-Fiを検索すると、【Eye-Fi】【Eyefi Mobi】と複数のアプリが見つかりますが、Eye-Fi X2シリーズをお使いのお客様は、【Eye-Fi】をダウンロードしてください。

iOS端末に転送できるようにするには、ここからEye-Fi Centerをダウンロードして、初期カードセットアップを行う必要があります。セットアップが終了したら、こちらのステップに従ってiOS端末への転送を設定できます。

バージョン:3.0.15

リリース日:2014年1月30日

  • Eyefiカードの受信プロセスの主な改善点
  • Eyefiサーバーが極めてビジーな時に発生しうるクラッシュを修正

バージョン:3.0.14

リリース日:2014年1月9日

  • 新しいアプリストアアイコン
  • デバイスストレージしきい値の変更 > 200MB

バージョン:3.0.13

リリース日:2013年12月10日

Eyefiアプリでは、ホームコンピューターで写真や動画を自動的にバックアップしたり、日付ごとに整理したり、またはお好きなオンラインサイトで共有することができます。これからは写真をデジタルカメラ、iPhone、またはiPadのどれで撮っても、すべての写真をバックアップし、整理できます。ケーブルは必要ありません。面倒なこともありません。

  • コンピューターをワイヤレスでバックアップ、整理。Eyefiはフル解像度の写真や動画をコンピューターに送信します。煩わしいケーブルはありません。
  • 常に整理された状態。Eyefiはコンピューター上の写真や動画を自動的に日付ごとに整理したり、MacのiPhotoへドロップします。
  • 全ての写真および動画を選択するか、または希望するものだけを選び、送信先を選択します。
  • どこにいても、カメラからiPhoneまたはiPadのフォトギャラリーに即座にアップロードします。Eyefi X2カードは、ダイレクトモードを使用してiPhoneまたはiPadに直接接続します。テザリング、Wi-Fiルータ、Wi-Fi公衆無線LANは不要です。

注記:iOS 4.3を使用している端末は、Eyefiアプリのバージョン2.1.1以降と互換性がありません。これらの端末はアプリストアで引き続きバージョン2.1.1が表示されます。

ダウンロード

 
Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk