動画撮影における問題の報告

フォローする

【1】

*一部カメラにおいての動画撮影時のエラーについて

カメラによっては、ハイビジョン、高FPSの動画の撮影が可能ですが、Eye-Fiカードの書き込み速度が追い付かず、撮影がエラーとなってしまう現象が確認されております。

現状の仕様のため、もしエラーとなってしまった場合は、ご利用のカメラの動画の画質を落として頂くか、写真のみの撮影にてご利用いただきますよう、お願いいたします。

 

【2】撮影された動画におけるノイズ

Eyefi カードで録画された動画が、再生中に聞き取り可能な空電やノイズを含む場合があることが報告されています。
これは、動画の録画中にカードがWiFi機能を働かせている時に発生します。

動画のノイズ発生の可能性を最小限に抑えるために、 カード設定パネルの「選択転送」機能を活用することをお勧めします。この設定を使用して、アップロードするファイルを制御できるので、動画撮影中のアップロードをある程度防止できます。

Eyefiユーザーが使用している何百ものカメラの中で、弊社は以下の型番で、動画再生中に聞き取り可能な空電やノイズが発生することを確認しています。お手持ちのカメラがこの問題を示すような場合、Eyefiカスタマーケア まで、問題をご報告ください。

  • キヤノン Powershot A 1100 IS
  • キヤノン Powershot SD750
  • キヤノン Powershot SD880 IS
  • キヤノン Powershot SD960 IS
  • キヤノン Powershot SD980 IS
  • キヤノン Powershot SD1000
  • キヤノン Powershot SX110 IS
  • キヤノン Powershot D10
  • パナソニック Lumix DMC- LX3
  • パナソニック Lumix DMC-FX37
  • パナソニック Lumix DMC-FX60
  • パナソニック Lumix DMC-FX65
  • パナソニック Lumix DMC-FH20
  • パナソニック Lumix DMC-FH1
  • パナソニック Lumix DMC-TZ5
  • ライカ D-Lux 4
  • ライカ C-Lux 3
  • ニコン CoolPix L11
  • ニコン J1
Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk