サポートされている動画形式

フォローする

Eyefiカードで動画ファイルをアップロードするためのファイルの必要条件は以下の通りです。

  • DCIMまたはMP_ROOT*フォルダまたはそのサブフォルダに保存されている
  • PRIVATE/AVCHD/BDMVフォルダまたはサブフォルダに保存されている
  • ファイルサイズが2GB未満である
  • 以下のサポートされた形式である****
拡張子 フォーマットの説明
.3gp** Third Generation Partnership Project
.asf Advanced Streaming Format
.asx Advanced Stream Redirector
.avi Audio Video Interleave
.flv Flash Video
.mov Quicktime
.mp4 MPEG-4
.mpg MPEG
.mts*** 高解像度MPEGトランスポートストリーム
.wmv Windows Media

動画転送に関する重要事項

*一部カメラにおいての動画撮影時のエラーについて

カメラによっては、ハイビジョン、高FPSの動画の撮影が可能ですが、Eye-Fiカードの書き込み速度が追い付かず、撮影がエラーとなってしまう現象が確認されております。

現状の仕様のため、もしエラーとなってしまった場合は、ご利用のカメラの動画の画質を落として頂くか、写真のみの撮影にてご利用いただきますよう、お願いいたします。

*スペシャルフォルダ

MP_ROOTまたはPRIVATE/AVCHD/BDMVフォルダに保存された動画をアップロードできるのはX2カードのみです。

プライベートフォルダにあるファイルはエンドレスモードでは削除されません。

** .3GPファイルについて

.3GPファイルはAndroid端末によって作成されます。これらのファイルを転送するのはEyefiモバイルアプリのみです(Eyefiカードでは転送しません)。バージョン3.4以前のEyefi Helperは、.3GPファイルをRAW形式として扱っていました。古いバージョンのEyefiソフトウェアを起動している場合、Android端末から転送する時に、RAW画像の送信先が設定されていることを確かめてください。

** .MTSファイルについて

.MTSファイルを転送するのはEyefi X2カードのみです。

コンピューターのオペレーティングシステムによっては、.MTSを正しく表示するために特別なソフトウェアを必要とする場合があります。これは特に、.MTSファイルをネイティブにサポートしていないMac OSXとWindows XPに当てはまります。一部のEyefiユーザーは、AVCHDファイルを扱いやすくするために、MacではClipWrap、Windows XPではVLCを使用することを推奨しています。

Eyefiカードは、.MTS (AVCHD)ファイルの選択共有および選択アップロードをサポートしていません。

**** 各端末がサポートする動画形式

Eyefiカードによってアップロードされた全てのオーディオビデオ形式が、すべての端末においてサポートされているわけではありません。詳細は、お使いのハードウェアまたはソフトウェアの製造元にお問い合わせ下さい。

Apple iPhoneとiPadは、サポートされていない形式の動画を転送できない事があります。お使いのカメラで録画された動画が、Apple端末と互換性があるかどうか、Appleにお問い合わせ下さい。

サポートされている動画形式に関する最新情報は、AppleのウェブサイトおよびApple端末の技術仕様ページのTVと動画セクションを参照してください。

HD動画のレコーディング

一部カメラのHDコンテンツの撮影は、特に高速のメモリカードを必要とする場合があります。4GBおよび8GB Eyefi X2カードは、書き込み時の転送速度が6MB/秒以上のClass6規格で、写真や標準画質動画に最適です。一部カメラのHD撮影はClass10以上を必要とする場合があります。当社の16 GB Pro X2はClass10規格です。

HD動画を撮影していて、Eyefiカードの速度が十分ではないというエラーが発生した場合は、動画設定を低くしてみてください。撮影する前にカメラの中のEyefiカードをフォーマットしてみることもできます。

警告: Eyefiカードをフォーマットするとカードのすべてのファイルが削除されますので、フォーマットする前にカードのファイルをアップロードまたはコピーしてください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk