PCにアップロードするためのWindowsファイアウォールを設定する

フォローする

WindowsファイアウォールをWindows XPVista7、8で有効にしている場合は、以下の手順に従ってEyefi Helperの例外を作成してコンピューターにアップロードできるようにしてください。

 

Windows 7、8

  1. スタートボタンをクリックして、コントロールパネルを開きます。
  2. システムとセキュリティをクリックします(必要であれば、右上にあるカテゴリごとに表示に設定します)。
  3. Windowsファイアウォールの下にあるWindowsファイアウォールによるプログラムの許可へのリンクをクリックします。
  4. プログラムの一覧からEyefi Helperを探して、左にあるボックスがチェックされていることを確認します。
  5. Eyefi Helperが一覧にない場合は、別のプログラムの許可ボタンをクリックして、Eyefi Helperを選択します。
  6. ホーム/社内(プラベート)および公衆ネットワークの対応するボックスにチェックを入れます。
  7. OKをクリックします。

Windows Vista

  1. スタートボタンをクリックして、コントロールパネルを開きます。
  2. セキュリティを探します(必要であれば左にあるコントロールパネルホームを選びます)。
  3. セキュリティのWindowsファイアウォールによるプログラムの許可へのリンクをクリックします。
  4. プログラムの一覧からEyefi Helperを探して、左にあるボックスがチェックされていることを確認します。
  5. Eyefi Helperが一覧にない場合は、別のプログラムの追加ボタンをクリックして、Eyefi Helperを選択します。
  6. OKをクリックします。

Windows XP

  1. スタートボタンをクリックして、コントロールパネルを開きます。
  2. セキュリティセンターをクリックします(必要であれば、左にあるカテゴリビューに切り替えます)。
  3. セキュリティセンターで、「セキュリティ設定の管理」のWindowsファイアウォールをクリックします。
  4. 例外タブを開きます。
  5. プログラムの一覧からEyefi Helperを探して、左にあるボックスがチェックされていることを確認します。
  6. Eyefi Helperが一覧にない場合は、別のプログラムの追加ボタンをクリックして、Eyefi Helperを選択します。
  7. OKをクリックします。
Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk